外壁工事の脅しに踊らされてはいけない!

もっと知りたい外壁工事

外壁工事にかかる期間

外壁工事にかかる期間 外壁塗装工事は、どの家でも同じ施工内容というわけではなく、下地の状態や壁の材質などによってもかかる期間は異なります。
また、雨で工事が遅延してしまうこともあり、天候によっても左右されますから、余裕を持って依頼することが大切です。
優良な外壁工事業者であれば、詳細が記載された工事の工程表を作成してくれますから、工事の進み具合もわかりやすく安心できます。
外壁工事でおこるトラブルでもっとも多いのは、工事の音や塗料の飛散、においなどで、近隣住民とトラブルを起こす可能性もありますから、工事が始まる前には、自身でもきちんと挨拶周りをしておくとよいでしょう。
工事の日程としては、1日目には仮設足場工事とシートの設置があり、2日目には、高圧洗浄機を使って一気に外壁の汚れを落としていきます。
3~4日目は、外壁の表面をしっかりと乾燥させるための時間で、乾燥の時間をしっかりととっていないと、上から塗料を塗ったときに、壁に残った水分が膨張して、壁に泡がでてしまうことがありますから、しっかりと乾燥をさせる時間が必要です。
5日目は、下地の調整を行い、ひび割れを埋めて塗料を塗ったり、崩れているところをパテ埋めなどを行い、壁を平坦にしていきます。
この下地の調整は外壁塗装工事でも重要な工程となり、それからはじめて塗料を壁に塗り始めます。

外壁工事が終わるまでの注意点

外壁工事が終わるまでの注意点 一戸建てなどのマイホームには、定期的なメンテナンスが重要であることをご存知の方も多いのではないでしょうか。
けれども、いざ外壁工事をする段になると、いつしたら良いのか、どのようなことに注意したら良いのか、分からないという方もいることでしょう。
外壁工事をおこなう時期は、専門の業者に見てもらって決めれば良いのですが、問題はその業者選びかもしれません。
一般的には、良心的な業者が多いのだと考えられますが、中には悪徳業者もいないわけではありません。
そこで、業者を選ぶ場合には、複数の業者から見積もりを取り、それを比較して検討を重ねると良いでしょう。
つまり、優良業者を選ぶことが出来れば、その外壁工事は八割以上が成功であるといえるのです。
そのため、業者を選ぶ際には、見積もり書の金額だけを見るのではなく、内容もしっかりと見なければなりません。
また、店舗を構えているとか、多くの実績があるとか、評判なども参考にすると良いでしょう。
なお、外壁工事をおこなうにあたって、不安なことや、注意点などは、最初に相談して置くことも大切です。

Favorite

塾を相模大野で探す

最終更新日:2018/8/9

新着情報

◎2017/6/13

平均的な工事の期間
の情報を更新しました。

◎2017/4/27

人気のモルタル外壁
の情報を更新しました。

◎2017/2/21

工事の期間
の情報を更新しました。

「工事 期間」
に関連するツイート
Twitter